仕出し屋とのぼり旗

いとこがお弁当、仕出し屋を始めることになり、数件の不動産物件を検討しているそうです。

厨房があることと店頭で販売できるスペースがあること、まわりに会社が入っているビルなどがあればよい、ということで検討しています。

いとこは自分でもいろいろな地域を歩き、どんな人たちがどの時間に歩いているか、なと念入りに調べています。

いとこは、のぼりが効果的だと言う話をしていました。

遠くからでも風にひらひらとなびくのぼりはとても目立ちます。

歩いている人だけでなく、車を運転している人にも目にとまりやすいと話していました。

たしかに、目立つ色で書かれたのぼりの文字は印象にのこるものです。

文字数が少なければ少ないほど、記憶にインプットされるような気がします。

お店の場所が決まったら次は内装、そして店頭デコレーションと手がけるようです。

まだシミュレーションの段階ですが、その中でものぼりはすでに決まっているようです。